注文住宅を扱う優良企業の評判をリサーチしたサイト@取手市

HOME » 注文住宅の土地探し入門@取手市 » 注文住宅を失敗しないポイントとは?

注文住宅を失敗しないポイントとは?

注文住宅を頼んで失敗しないためには、以下のポイントを押さえておくことが重要です。

1、最適な間取りを考える

注文住宅においてもっとも失敗の多いケースが「間取り」の問題です。空間をどのように区切って活用するか、あらかじめゆっくりと考えておく必要があります。

生活スペースは確保できても、収納が少なければ後悔することになります。収納が多すぎてもスペースを十分に活用できないため、生活スペースとのバランスが重要になります。

また、間取りによっては二階や三階の音が下にダイレクトに伝わってしまうため、熟睡できない、ゆっくりできないといった問題にもつながります。

子ども部屋のすぐ下にリビングや主寝室を配置しない、玄関や廊下など人の行き来の多い場所は寝室から遠ざけるなどの工夫を盛り込んでみましょう。

家具の置き場所と配線の関係性も、設計の段階で確実に計画しておきたいポイントです。コンセントが必要な場所にない、家具を置きたいのにスペースが足りないなどの失敗がないように、図面や間取り図に家具などをしっかりと描きこんでおきましょう。

コンセントの位置は部屋の隅に配置する人が多いですが、模様替えなどをすることも考えて部屋の中央にも設置しましょう。掃除機を使うときもコードの長さを気にせず掃除ができます。

あとからコンセントを追加するとコンセントの工事とは別に、クロスの張り替え工事など別の出費が出てしまうこともあります。注文住宅の内装工事の際にしっかりと考えておくことで、効率的できれいに仕上がります。

2、必要のない設備は導入しない

物が少ない家にウォークインクローゼットやシューズインクローゼットを導入する必要はなく、無理に導入するとかえって邪魔になってしまう可能性も。

倉庫やパントリーなど人気の設備についても、必要がなければ極力省くようにしましょう。

反対に、ペット用の手洗い場や足洗い場、バリアフリー設備など、家族に合わせて必要な設備を導入すると、注文住宅ならではのメリットが得られます。

3、断熱性などの機能をチェックする

憧れの注文住宅ということで、吹き抜けや天窓などさまざまなデザインを希望するケースも少なくありません。しかし、冷暖房の効きや冬場の断熱性など、住宅の基本的な機能については最優先で考えておきたいところです。

リビングルームを吹き抜けにすると冷暖房が効きにくく、節電効果が薄れてしまう可能性があります。夏は暑く冬は寒い家にならないように、家の中の風の通り道などを考えながら、断熱性が保てるように構造を考えておく必要があるでしょう。

4、デッドスペースを減らす

無駄なく空間を使うためには、デッドスペースを少しでも減らす工夫が必要です。

冷蔵庫や洗濯機の上下に収納を設けたり、壁面を収納として活用する、玄関の下駄箱を造りつけにするなど、デッドスペースを減らすようにしていくと、注文住宅らしいオリジナリティと利便性が生まれます。

 
取手市で注文住宅を建てよう