注文住宅を扱う優良企業の評判をリサーチしたサイト@取手市

HOME » 注文住宅の土地探し入門@取手市 » 狭小地でも注文住宅はできる?

狭小地でも注文住宅はできる?

都市部など、余分な土地が少なくなおかつ高価格であるエリアでは、広い土地を購入できないため狭い土地に住宅を建てるケースがみられます。 7~10坪程度の狭い空間に建てられる住宅は「狭小住宅」と呼ばれています。最近ではこのような狭小住宅に特化した注文住宅を請け負っている建築会社が注目を集めています。

土地面積が少ないぶん、いわゆる「デザイナーズ」「フルオーダー」で住宅を注文しやすいため、予算が少なくても自分好みの家が建てられるというメリットがあります。

他にはないデザインが魅力

狭小住宅では、採光や防音、換気、外観デザインなどさまざまな点において工夫が施されており、建売住宅にはない独自のデザインが期待できます。 たとえ敷地面積が10坪程度であっても、希望にできるだけ沿ったデザインを採用してもらえるので、オーナーにとって満足度の高い家ができあがります。

狭小住宅では、それぞれの土地の形状や広さ、立地などに合わせて柔軟に建物をデザインするのが基本となります。隣家や周辺の住宅と調和させたり、自然などにマッチするようなデザインに仕上げるなど、狭さだけでなく全体のデザインもしっかりと考慮する必要があります。 狭小住宅の中には、床の高さをずらす「スキップフロア」を採用したり、3階建て以上の高階層に建てるなどの手法が使われる場合もあります。高さを出すといった工夫を施すことで、フロアに広がりや物理的な高さが出るため、実際の狭さを感じさせないというメリットが期待できます。

ただし、高さや広さを重視しすぎて周囲から浮きすぎないように配慮することも重要で、同時にオーナーの希望も考慮しながらデザインしなければなりません。

古い家屋もリノベーション可能

狭小住宅の中には築年数の経っている古い建物も数多くありますが、建物の構造を変えずにリノベーションすることも可能です。 柱や梁などといった基本的な構造を変えず、壁を取り払ったり窓をつけるなどして、できるだけ新しさや明るさを感じるようにリノベーションを施していきます。

このように、手狭な環境や築年数の経っている環境であっても、快適に生まれ変わらせることができるのが注文住宅のメリットです。土地面積が狭いため、一般的な注文住宅に比べて費用がかからないのもオーナーにとっては嬉しいポイントです。 オーナーの希望に合わせてデザインができる他、採光方法や地下・屋上の活用など、さまざまな方法が考えられます。狭小な敷地を上手く活用すれば、満足のいく住宅ができあがります。

 
取手市で注文住宅を建てよう