注文住宅を扱う優良企業の評判をリサーチしたサイト@取手市

HOME » 注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅と建売住宅の違い

家を買う時の2つの方法である注文住宅と建売住宅を比べてみましょう。

注文住宅と建売住宅を徹底比較!

売り住宅のイラスト新築一戸建てを大きくわけると、注文住宅と建売住宅があります。ここでは、それぞれのメリットを紹介します。

「住まいは一生でいちばん高い買い物」とよく言われます。せっかく買うのであれば、自分の趣味やライフスタイルがもっと楽しめる家になるようこだわりたいという方であれば、やはり注文住宅がおすすめ。施主の要望にあわせて自由につくれるオーダーメイドですので、予算が許す限りとことんこだわって家づくりができるというメリットがあります。

一方、建売住宅はすでに現物が建っている場合ですから、実際に見て触れて検討できるといったことがメリットでしょう。契約後の設備変更などは基本的に不可ですが、建築中の場合ならオプションをグレードアップするなど追加変更ができる場合もあります。また、購入金額はあらかじめ決まっているため、ローン返済プランが検討しやすいといったことも建売住宅の魅力ですね。

これ以外にも、注文住宅と建売住宅にはさまざまなメリットがあります。どちらがあなたのライフスタイルにあっているのか、参考にしてください。

 
取手市で注文住宅を建てよう